海外旅行に強いカード4選

 

渡航前から帰国まで活用できるカード

 

“travel(トラベル)”と”trouble(トラブル)”は読みも似ている通り、旅行には何かしらトラブルは付き物です。

私も今までに4度海外保険のお世話になりました。

①ペルーの砂漠アトラクションで額を5針縫うケガ
②プーケットで原因不明の腹痛に襲われ、入院にはならなかったものの注射5本と山のような薬で7万円近くかかった
③キエフでiPhoneを道路に落っことして画面いっぱいにきれいなヒビが入り、携行品損害保険で実質3,000円で新品に交換してもらった
④スーツケースの破損も同様、携行品損害保険で直した

すべてカード会社の保険です。
(ちょっと面白かったのが、携行品損害保険で「修理代は免責3000円を引いた全額保証します。銀行に振り込みますので確認して下さい。」と言われ、「修理代の領収書とかはいらないのですか?」と訊いたところ、「使い方は自由です。お好きに使ってください。」とのことでした。なので修理はせず、新しいiPhoneの購入に使いました。)

助かりますね~。

 

そこで、旅行中だけでなく、その前から、そして帰国してからもサービスが充実しているカードをご紹介しますね。

1位 楽天プレミアムカード



楽天プレミアムカード

年会費は税込み10,800円。締め日は月末、翌月27日引き落とし。そして何よりプライオリティパス付です。

もう海外旅行者には涙が出るほど嬉しいカードです。プライオリティパスだけで$399しますからね。年1回ラウンジが使えれば元が取れます。それに楽天ポイントも付きますし。

特典や保証も以下の通り充実した内容です。(三井住友海上の緊急医療アシスタンスサービスが担当してくれます。)
このカードがあれば、わざわざ海外旅行保険に入る必要はありません。

ブランドはVISA,Master,JCBから選べますが、VISAがどの国に行っても便利です。

時期
名称
名称・内容
補償額
出発前手荷物宅配サービスクーポンスーツケースを1点、自宅から空港まで無料で宅配業者が運んでくれるクーポン。年2回利用できます。
利用には事前にWebでクーポンの申請が必要です。
旅行中プライオリティパス搭乗前に提携された空港のラウンジが使えます。
プレミアムカード到着後、申請が必要です。(無料)
傷害保険【(傷害)死亡後遺障害】
旅行中に事故にあい、後遺障害が残ったとき、または死亡したときに支払われます。
最高5,000万円
【傷害治療費用】
旅行中にケガをし、病院にかかったり、入院にかかった費用を負担してくれます。
最高300万円
【疾病治療費用】
体調を崩して病院にかかったり、入院した時の費用を負担してくれます。
最高300万円
損害保険携行品損害
自分の持ち物を破損、または傷ができた時などに3000円払うと最高50万円まで現金で支払ってくれます。
最高50万円(免責金額3,000円)
その他救援者費用
遭難した被保険者を捜索、救助または移送する活動に必要となった費用を負担してくれます。
最高200万円
帰国後手荷物宅配サービスクーポンスーツケースを1点、空港から自宅まで無料で宅配業者が運んでくれるクーポン。年2回利用できます。
利用には事前にWebでクーポンの申請が必要です。

 

2位 リクルートカード

リクルートカード
 
意外に思った方もいると思いますが、使えるんです、このカード。

年会費永年無料だけでなく、なんと海外キャッシングのATM利用手数料が無料なんです!(他のカードは1回につき200~500円)

なので私は海外でこのカードでキャッシングし、帰国後すぐに使った分を振り込んでしまいます。

そうすると利息がほぼ数百円で済みますから。

 

海外ではキャッシュ(現金)しか使えないお店も多々ありますので、この1枚は非常に重宝しています。

やはりブランドはVISAをお勧めします。

ただ保険等は一切ついていないので、この1枚で渡航はやめてくださいね。

 

基本的にはこの2つのカードがあれば余程のことがない限り十分ですが、万一このカードの保険で賄えない場合(特にアメリカは注意です。救急車呼ぶにも料金がかかるので)はもう1、2枚あると安全です。

そこで紹介したいのが次のカード。

3位 ドコモ d card Gold

d_card

年会費は10,800(税込み)、補償内容は下記表のとおり、楽天プレミアムカードと比べるとほぼ変わりません(手荷物クーポンがないぐらいです。東京海上日動火災保険株式会社が担当してくれます。)が、docomoの携帯を使っている方にはメリットとがあります。

d-cardゴールド 海外保険保障内容

傷害死亡1億円
傷害後遺障がい程度により400万円~1億円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
300万円
賠償責任
(一事故の限度額)
5,000万円
携行品損害
(年間限度額)
50万円(一事故あたりの自己負担額3,000円)
救援者費用
(年間限度額)
500万円
海外航空便遅延費用特約乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用 1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

月々の携帯使用料(機種代金は除く)の10%が還元されます。その還元されたポイントは携帯料金に充当できます。

また締め日は15日、支払いは翌月10日です。

よって楽天プレミアムカードと組み合わせれば無理なく支払いが可能です。

 

4位 JCBゴールドカード

JCBゴールドカード

 
年会費は10,800(税込み)。実はこれが一番最初にお世話になったカード。本当にありがたかったです。
損保ジャパン日本興亜JCB事故受付デスクが担当してくれます。

非常に親切な対応で、迅速に病院の手配までしてくれました。病院に着くと「Mr.Kawashima?」と受付の方に言われ、びっくりもしました。とてもスムーズでしたね。

なので私はこれらの4枚を欠かさず旅行に持って行っています。補償内容は以下の通り。

保険の種類
保険金額
保険金をお支払いする場合
傷害死亡後遺障害最高1億円旅行期間中の事故によるケガが原因で事故の日から180日以内に死亡または後遺障害を生じたとき

※JCBゴールドで事前に、「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金をお支払いいただいた場合、最高補償額は1億円、支払がない場合には、最高補償額5,000万円となります
治療費用1回の事故につき300万円限度旅行期間中の事故によるケガが原因で医師の治療を受けたとき〔注〕事故の日から180日以内に要した費用に限ります
疾病治療費用1回の病気につき300万円限度旅行期間中に発病または原因が発生し旅行期間中または旅行行程終了後72時間を経過するまでに(特定感染症の場合は30日を経過するまでに※)医師の治療を受けられたとき〔注〕最初の治療日から180日以内に要した費用に限ります
賠償責任1回の事故につき1億円限度旅行期間中に誤って他人をケガさせたり他人のものを壊したりして、被害者から法律上の損害賠償を請求されたとき
携行品損害1旅行中50万円限度保険期間中100万円限度旅行期間中に携行する身の回りの品(被保険者の所有するもの)が盗まれたり、事故により壊れたりしたとき

※自己負担額1回の事故につき3,000円
※携行品1つあたり10万円限度
救援者費用等400万円限度旅行期間中に

1.ケガをして事故の日から180日以内に亡くなられたとき
2.病気により亡くなられたとき
3.病気にかかり医師の治療を受け、旅行行程終了後30日以内に亡くなられたとき
4.ケガまたは病気により継続して3日以上入院されたとき
5.搭乗している航空機、船舶等が行方不明または遭難したとき
6.事故により生死が確認できない場合または緊急な捜索・救助活動が必要になったとき(ただし被保険者の無事が確認できた後に現地に赴く救援者の費用は対象となりません)
補償対象旅行期間3ヵ月海外旅行の目的をもって日本国内の住居を出発されてから住居に帰着されるまでの間で、かつ、日本を出国した前日の午前0時から日本に入国した翌日の午後12時までをいいます

締め日は15日、支払いは翌月10日です。