ベルギー人がオススメするチョコ、Leonidas(レオニダス)

2017年のNew yearが明けて、1日の午後に起床。

 

おみあげを買おうとGODIVAに行きましたが、通りにはたくさんの人がいるもののお客さんが誰もいない…。

「そんなに人気がないのかな…。」と思って一旦ホテルに戻り、「GODIVAにはあまりお客さんが入ってないみたいだけど、なんで?」

とスタッフに訊いたところ、「GODIVAは世界中にあるし、もう観光客にも飽きられてるよ。」と。

 

「じゃあ一番オススメのチョコレートは?」と訊いたら

「断然レオニダス!」と即答。

 

なので場所を訊いたらグランプラスを抜けて徒歩2,3分ぐらいのところにあるとか。

「チョコレートの国ベルギー人が言うんだから間違いないだろう。」と思って行ってみると、大きなお店ではなかったけれどお客さんでいっぱい!

 

結構な量のチョコを買って、88ユーロ。日本でも手に入りますよ。ただ価格は3倍以上ですね。
(ご興味のある方は下の画像をクリックしてください。詳細がわかります。)
レオニダス

レオニダス

 

そしたら店主なのかな、レジをしてくれたおばちゃんが、「For you」と言ってこれをおまけしてくれました。私が「Merci beaucoup」と言ったらいきなりフランス語で何やら話しかけてくれたんですが、英語で「フランス語わかんないだ、ごめんなさい。」といったら「Okay,Okay」と言ってやたら笑ってましたね。う〜ん、フランス語勉強するぞ!(笑)
レオニダス
かわいいサンタさんのチョコレート。ちょうど拳ぐらいの大きさです。食べるのに躊躇しそうですね。

 

翌日の早朝に空港へ向かわなければならないので、スーツケースに荷物をまとめて、

ちょっと遅めの昼食を。

 

パスタが食べたかったので、ホテルのすぐ近くのお店、「LE FAUCON」へ。
LE FAUCON

注文したのはビールとスパゲティ・ボロネーゼ。
LE FAUCON

 

パスタは生麺で、たっぷりとチーズがかかっていて、更にボリュームも満点。

本当に美味しかったです。

 

お腹が満たされたのでホテルに戻って一休み。

ベッドに横になったら知らぬ間に寝ていました。

 

目が覚めたのは20:00ぐらい。

シャワーを浴びて身支度を整え、忘れ物がないか最終チェック。

 

また少し横になって、出発の時間を待ちました。

 

4:00になったのでフロントでチェックアウト。

外はうっすらと雪が降っていました。
brussels806

 

駅に着くとまだシャッターが降りていて、数人の人が開くのを待っていました。
brussels807

4:30になってシャッターが開き、チケットカウンターに行くとすべて「Closed」!!

 

なので券売機で慎重にチケットを購入、時刻表でプラットフォームを確認し、ブリュッセル空港へ。

 

無事空港へ到着。

チェックインを済ませ、ラウンジへと向かいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です